Subscribe:

2015/05/09

IDCFでnginx-passengerをインストールした時のメモ

NginxPassengerをインストールする場合はNginxをビルドする必要があるのだがIDCFのLight.S1契約だとメモリが1GBしかないのでビルドするとメモリが足りずにビルドできない。

メモリ2GBにするにはお金がないのでSWAPを導入する時のメモ

  1. まず、IDCFにログインしてボリュームの追加とアタッチを実施
    ボリューム(ディスク)の追加
    ボリューム(ディスク)のアタッチ
    ※ 仮想マシン作成後に実施した場合は再起動させる。
  2. アタッチされているか確認
    [IDCF]# fdisk -l
    
    Disk /dev/sda: 16.1 GB, 16106127360 bytes, 31457280 sectors
    Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
    Disk label type: dos
    ディスク識別子: 0x00000000
    
    デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
    /dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
    /dev/sda2         1026048    31457279    15215616   83  Linux
    
    Disk /dev/sdb: 2147 MB, 2147483648 bytes, 4194304 sectors
    Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
    
  3. swapを設定
    [IDCF]# mkswap /dev/sdb
    スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 2097148 KiB
    ラベルはありません, UUID=00000000-0000-0000-0000-000000000000
    
  4. swapを有効に
    [IDCF]# swapon -v /dev/sdb
    swapon /dev/sdb
    swapon: /dev/sdb: found swap signature: version 1, page-size 4, 同じ byte order
    swapon: /dev/sdb: pagesize=4096, swapsize=2147483648, devsize=2147483648
    
  5. topコマンドなどでSwap領域が作成されているのを確認

0 件のコメント: