Subscribe:

2014/01/12

Windows8.1用リカバリDISC作成

PC のリカバリー機能を実行するためのメディアを作るを要約した内容です。

準備

Windows ADK のダウンロードとインストール(以下からダウンロードしてインストール)

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39982

インストール時にDeployment Toolsと Windows プレインストール環境 (Windows PE) を選びます。




Windows イメージと Windows RE イメージのコピーを取得する

以下の場所のいずれかから install.wim ファイルをコピー
  1. インストール用DVDからコピー(インストール用DVDがあるなら作成する必要はないと思うが)
  2. DtoD 領域からコピー
  3. カスタムイメージを作成しコピーしてリネーム
  • install.wim はディレクトリを作成し D:\sources\install.wim に置きます。
  • [スタート]「展開」[展開およびイメージング ツール環境] を右クリックして[管理者として実行]
REM Windows イメージをマウントします。
md c:\mount\WindowsSetup
Dism /mount-image /imagefile:D:\sources\install.wim /index:1 /mountdir:C:\mount\WindowsSetup
REM Windows RE イメージをコピーします。
Md C:\MyImages
xcopy C:\mount\WindowsSetup\Windows\System32\Recovery\winre.wim C:\MyImages\winre.wim
REM Windows イメージのマウントを解除します。
Dism /unmount-image /mountdir:C:\mount\WindowsSetup /discard

Windows RE ファイル用の作業フォルダーを作る

REM Windows RE 用のフォルダー構造を作ります。
copype amd64 C:\resetmedia_amd64
REM 既定の Windows PE ブート イメージ (Boot.wim) を Windows RE ツール イメージに置き換えます。
xcopy C:\MyImages\winre.wim C:\resetmedia_amd64\media\sources\boot.wim

Windows イメージを追加する

REM 初期イメージを追加
copy D:\sources\install.wim C:\resetmedia_amd64\media\sources\install.wim
REM カスタムイメージを追加する場合
recimg /createimage D:\WimImage
copy D:\WimImage\CustomRefresh.wim C:\resetmedia_amd64\media\sources\install.wim

ベアメタル回復構成スクリプトを追加する

C:\resetmedia_amd64\media\sources 配下にファイルを配置
  • インストールDVDか回復パーティションに入っている ResetConfig.xml の中身を確認
  • DiskpartScriptPath に書かれてあるファイルを同階層ディレクトリにコピー
  • diskpartファイルに「select disk 0」「clean」の記述があったらコメントアウト
  • MBR/BIOS か GPT/UEFI のどちらか

起動可能な DVD を作る

REM DVD イメージ ファイルを作ります。
Makewinpemedia /iso C:\resetmedia_amd64 C:\resetmedia_amd64\RecoveryImage.iso

0 件のコメント: